ケータイ・インターネットの歩き方

入門編 / コミュニティ編 / 著作権編 / 消費者編 / 情報発信の仕方編

  1. ケータイやスマートフォンのインターネットとは
  2. 情報発信者として知っておきたいこと
  3. ケータイやスマートフォン利用のためのルール作りを
  4. サービスを利用する前に確認・理解すべきこと
  5. 不安を感じたら、信頼できる身近な大人や相談窓口に
  6. 別添「スマートフォン編」


1.ケータイやスマートフォンのインターネットとは
ケータイやスマートフォン立派なインターネットの端末機器です。ボディは小さくても、世界中の大きなネットワークにつながっています。

・ケータイやスマートフォンで世界に広がる可能性
世界中で、日本ほどケータイやスマートフォンのインターネットでたくさんのことができる国はありません。実は、日本が世界でもっともケータイ文化が進んでいるのです。 日記やブログを書いて自分の気持ちや考えを表現したり、「音楽」「写真」「動画」「小説」など自分の作品をのせたりと、ケータイからさまざまなことができますが、そうやってひとりひとりがケータイから発信した内容には、ケータイだけではなくパソコンから見る(読む、聴く)ことができるものもたくさんあります。そのため、日本ほどケータイやスマートフォンでのインターネットが進んでいない国々からでも簡単にアクセスが可能です。 ケータイやスマートフォンでのインターネットを上手に活用する方法を身につければ、世界の人々とのコミュニケーションできるという大きな可能性も開かれます。

・いい人も悪い人も、みんなが見ているケータイ・インターネット
インターネットのプロフ、ブログ、掲示板などに書き込みをすると、想像をはるかに超えるおおぜいの人がその内容を見ます。ネットの向こう側にいる人たちの中には、いい人もいれば悪い人もいます。常におおぜいの人に見られているということを忘れてはいけません。

・便利で楽しいけれど危険もたくさん!
電話やメールだけでなく、カメラ、ワンセグ、音楽プレイヤーなどのさまざまな機能があり、インターネットにつなげばさらに、動画が見られたり、小説が読めたり、知りたい情報を得られたりする、手のひらサイズ なのに驚くほど便利で楽しいケータイ。でも、インターネットに接続ができるということは、インターネットの世界に潜んでいる危険に出会ってしまう可能性もあるのです。ネットの向こう側にはいろんな人がいるからこそ、自分の身を守るためによく考えながら利用する必要があるのです。

2.情報発信者として知っておきたいこと
ケータイやスマートフォンでのインターネットを利用すれば、いつでもどこでも、手のひらから片手で簡単に情報を発信することができます。

・コメントを書いただけでも、情報発信になる?
友達のブログへのコメントやどこかの掲示板へのちょっとした書き込みも、立派な情報です。ですから、自分のホームページやブログを持っていない人でも、すぐに情報発信者になれます。

・自分で発信した情報の責任は自分にあり
インターネットは不特定多数の人たちが利用する「公共のメディア」です。テレビやラジオ、新聞や雑誌と同じメディアなのですから、ニュースキャスターやコメンテーターや記者と同様、ひとつひとつの発言に情報発信者としての責任がともないます。それは友達の日記へのコメントであっても、例外ではありません。友達あるいは特定の知人に向けて話している感覚で気軽に書き込みがちですが、よく考えればたくさんの人が読んでいることに気付くはず。インターネットに書き込むときは必ず、言葉のひとつひとつに発信者としての責任があることを思い出してください。

・一度公開した情報を「なかったこと」にはできません
インターネット上に掲載されている情報は簡単にコピーができてしまいます。コピーした情報をあちらこちらに転載されたり、売り買いされたりしてしまうと、削除も取り戻すこともできなくなってしまいます。 一度インターネット上にのせてしまった情報(写真も含む)は、のせる前の「誰も知らない状態」には二度と戻せません。名前や住所、ケータイ番号やメールアドレスなどの個人を特定できる情報は、不用意に書き込み・入力してはいけません。

・被害者にも加害者にもならないで!
全く何も考えずにインターネットを利用し続けていると、自分が被害を受けてしまったり、誰かに被害を与えてしまったりする(=加害者になる)こともあります。 また、知識や「これをしたらどんなことになるか」という想像力が足りなかったために、法律を犯してしまう危険性もあるのです。
危ない目にあわないためだけではなく、自分が犯罪者になってしまわないためにも、正しい知識を手に入れ、自分のやろうとしていることを考えながら情報発信をするように心がけましょう。

3.ケータイやスマートフォンの利用のためのルール作りを
ケータイやスマートフォンの利用方法について、ひとりひとりの素養に応じたルールを家族で考えましょう。
大人がインターネットに参加する場合は自己責任の範囲ですが、保護者の承諾がなければケータイを購入できない未成年者の場合、責任は自分自身だけではなく保護者にもあります。

・ケータイ、スマートフォン利用は何のため?を考えた行動をしよう
・危険なことはしない、危険なところにはアクセスしない(興味本位厳禁)
・個人情報を安易に書き込まない、教えない
・利用時間(時間帯や長さ)を守ろう
・人の心を傷つける道具にしない
・言葉使いに気をつけて、思いやりある表現を心がけよう
・困ったこと、気になることは、行動の前に身近な大人に相談しよう
・フィルタリングは勝手にはずさない

以上は一例ですが、これらを参考に家族でしっかり話し合ってルールを決めましょう。作ったルールをみんなで守ることと、定期的に見直すことが重要です。
フィルタリング(=アクセス制限)については、必要な行動まで阻害してしまわないようによく考えながら、利用の目的、年齢、習熟度にあったものを選びましょう。

4.サービスを利用する前に確認・理解すべきこと
インターネット上にはいろいろなサービスがあります。サービスを提供している業者は、サービスを利用するための利用規約やガイドラインを掲載しています。長文で少々面倒であっても、利用登録をする前に必ず目を通してください。特に禁止事項の項目については、よく読んで理解しておくことが大切です。

・各サービスの中で守らなければならないこと
「利用規約」および「ガイドライン」に掲載されている全て※そのサービス独自に定められた禁止事項を含みます。不明な点は、FAQ(よくある質問&答え)で確認できます。

・絶対にしてはいけないこと
現実社会と同様、インターネットの世界であっても法律に違反する行為を行ってはいけません。
インターネット利用に関連する主な法律は、次のとおりです。
身近な法律違反:名誉毀損・犯罪予告・脅迫
他人の権利を侵す:著作権侵害・肖像権侵害・プライバシーの侵害

5.不安を感じたら、信頼できる身近な大人や相談窓口に
自分が被害に合うはずはない、自分だけは大丈夫という過信は禁物です。
何かおかしいと思ったり、困ったり、迷ったりしたときは、勝手に判断して行動せず、すぐに保護者や先生など、信頼できる身近な大人に相談することが一番の安全策。 そのためにも、日ごろからコミュニケーションを取って、話しやすい関係を築いておきたいものです。もちろん、自分たちでは解決できない場合、なかなか解決の糸口がみつからない場合は、専門の窓口を積極的に利用しましょう。

  • 専門相談窓口の紹介 インターネットホットライン連絡協議会(PC)

    http://www.iajapan.org/hotline/

  • インターネットホットライン連絡協議会(携帯)

    http://www.iajapan.org/hotline/mobile/

  • 国民生活センター(PC)

    http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

  • 国民生活センター 携帯版

    http://www.kokusen.go.jp/mobile/index.html

  • 警察庁 インターネット安全・安心相談(PC)

    http://www.cybersafety.go.jp/

  • 以下は違法・有害情報を見つけた場合の通報窓口です。

  • インターネット・ホットラインセンター(PC)

    http://www.internethotline.jp/

  • インターネット・ホットラインセンター 携帯電話からの通報URL

    http://www.internethotline.jp/mobile/

  • 迷惑メール相談センター(PC)
    (財団法人 日本データ通信協会)

    http://www.dekyo.or.jp/soudan/

  • インターネットを利用する上でよくある質問と対応(FAQ)
    (この項目は、法律などの難しい表現があるので、保護者の方や身近な大人と一緒に読みましょう。それぞれの問題を自分の立場になって、一緒に考えてみてください。)

    Q:発言や投稿などをする時に注意することはありますか?
    A; 他の利用者の権利を侵害するような内容の投稿や違法な内容の投稿(たとえば、他人の個人情報やプライバシーに関する情報の掲載、名誉毀損や著作権侵害となるような記載、わいせつな内容など)は、損害賠償責任を負ったり、刑事罰の対象となったりする場合もあります。また、ご利用のサイトの規約で特定の内容の投稿が禁止されている場合があります。インターネット上の投稿は、広く第三者が閲覧可能なので、投稿前にはよく注意してください。

    Q: 画像や写真などを掲載する時に注意することはありますか?
    A: 他の人が撮影した写真や作成した画像には、その人の著作権があります。また、画像や写真に他の人が描かれていた場合、描かれている人の肖像権等があります(これは、写真だけではなく、似顔絵などの場合でも同じです)。また、有名人の写真の場合ですと、パブリシティ権という権利がある場合もあります。これらの画像や写真を、きちんと許可を得ないまま勝手に使うと、これらの人の権利を侵害することになり、損害賠償等を請求される可能性があります。アップロードする前に、使って大丈夫なものかどうかよく確認し、許可があるかどうか不明な場合は、掲載を控えましょう。

    Q: 個人情報を勝手に掲載され、迷惑を被っていますが、どうすれば良いのでしょうか?
    A: 個人情報が勝手に公開された場合、その人の権利が侵害されています。通常のサイトでは、他人の権利を侵害する投稿は削除してくれる場合がほとんどですので、サイトの運営者に、自分の権利が侵害されていることを説明して、削除を要求してみてください。なお、この場合、要求した人が権利を侵害されている本人であることの証拠を求められる場合があります。詳しくは、各サイトの案内を確認してください。

    Q: 心当たりの無い内容の請求が来ましたが?
    A: 架空請求が増えています。身に覚えがない場合は、無視してください。また、一人で悩まずに恥ずかしがらずに、すぐに保護者の方や身近な大人に相談するか、相談窓口に連絡しましょう。安易にこちらから連絡をして、住所や電話番号などを相手に伝えることは決して行わないようにしてください。

    Q: プロフィールに本名を出さなければ、自分の顔写真を載せて学校名など書いても問題ありませんか?
    A: 本名を書かなくても、学校名の記載と顔写真があれば簡単に個人を特定できてしまう場合もありますので、個人を特定できる情報は載せないことが大事です。自らを危険にさらしてしまうことのないように充分に注意しましょう。

    Q:水着姿をプロフィールに載せてもいいですか?
    A: インターネットは、誰が見るか分かりませんし、一旦公開された情報(画像)は、コピーが簡単にでき、しかも、すべてを削除することは不可能です。また、アダルトサイトなどで悪用される危険がありますので、個人を特定できる画像などの情報を公開することはお奨めしません。

    Q: チェーンメール(リレー、バトンなど含む)が届きましたが、どうすれば良いですか?
    A: このようなメールをお友達に送信し続けてしまうと、拡大する一方です。場合によっては、システムに負荷がかかり、大勢の人が迷惑を被る可能性もあります。あなたのところで止めて、決して転送しないでください。自分の所で断ち切る勇気を持つことが必要です。どうしても心配な場合、「迷惑メール相談センター」が転送先アドレスを公開していますので、
    「撃退!チェーンメール 携帯版」

    http://www.dekyo.or.jp/soudan/chain/mobile/

    で公開されている転送先に転送して、他の人には送らないようにしましょう。


    ケータイ・インターネットの歩き方1「入門編」 別添「スマートフォン編」
    2012年12月12日版

    1.スマートフォンとは

     スマートフォン(以下、スマホ)は、画面の大きい指で操作できるケータイのように見えます。でも、スマホは、インターネット等への接続機能をはじめ、これまでのケータイをはるかに超えるさまざまな機能を兼ね備えており、実際には、ケータイというより、小さなパソコンと考えた方がよいでしょう。
     
     パソコン並みに高性能なのに軽くてコンパクトなスマホがあれば、通話やメールは勿論、どこにいても、ホームページ閲覧、スケジュール管理、動画・音楽・電子書籍、SNS、通販などを行うことができ、生活に、仕事に、学習に、遊びに、幅広く活用することができます。アプリケーションやソフトウェアをインストールすれば、スマホでできることはさらに広がります。また、スマホは画面をタッチして操作するので、誰にでも簡単に操作ができ、また、触れたところを読み上げてくれる機能があるなど、アクセシビリティ* にも大変優れています。
     
     しかし、様々な機能を持っているからこそ、ケータイ以上に知っておかなければならないこと、注意しなければいけないことがあるのです。もちろん、ケータイやインターネット(詳細は、ケータイ・インターネットの歩き方1 「入門編」をご覧下さい。)のことをきちんと理解しておくことが必要です。その上で、スマホを利用するのであれば、下記をよく読んで、スマホの特性についてもしっかり学んでください。
     
    * アクセシビリティ(=Webアクセシビリティ):年齢や身体的制約、利用環境などに関係なく、利用する全ての人々がWeb上の情報に問題なくアクセスでき、コンテンツや機能を利用できること。または、アクセスや利用のしやすさ。

    2.ウィルスに感染するの?

     スマホのシステムはパソコンと同じですから、当然、コンピュータ・ウィルスに感染する危険があります。ウィルスに感染してしまうとスマホが使えなくなるというだけでなく、アドレス帳の内容やメールの履歴、保存されていた写真などのデータが壊されたり勝手に流されたり、あるいはIDやパスワードが盗まれて悪用されてしまったりするなどの被害を受ける可能性があります。場合によっては、スマホをのっとられ、悪い人に利用されてしまうかもしれません。利用している人が気づかないうちに侵入してくるウィルスの感染被害に遭わないために、次のことを実行しましょう。
     
    ・セキュリティ対策ソフトを導入する
    ・パターンファイル(ウィルスを定義するファイル)を常に最新の状態にする
    ・送信者に心当たりがないメール(含:添付ファイル)は開かずに削除する
    ・怪しげなWebサイトやコンテンツにアクセスしない、利用しない
    ・アプリケーションは信頼できるものだけを利用する

    3.スマホの情報やデータを守るには?

     スマホは、小さくて軽いのでどこにでも気軽に持ち運べます。しかし、紛失や盗難にあえば、インターネットにつなげたパソコンと同様に、大量の個人情報が流出してしまう危険性があります。また、スマホの場合、スマホに入らない情報をネット上のデータベースにおいてスマホの中にあるのと同様に使うことができますがスマホの紛失や盗難の場合、ネット上のデータベース内から大量の情報が流出する危険性もあります。個人情報を漏洩してしまうと、自分が被害を受けるだけでなく、友だちや家族など様々な人に迷惑をかけてしまうかもしれません。また、通話やデータ通信、ショッピング等に利用されてしまったら、その費用は盗難された人に請求されてしまいます。
     
     家を出るときには、玄関に鍵をかけるはずです。「面倒くさいから」を言い訳にせず、スマホにも必ずパスワードなどのロックをかけましょう。その他、メールやアドレス帳、データフォルダーなどにロックをかけるサービスやアプリもありますので、これらもうまく使ってください。また、なくしてしまったときは、携帯電話会社に連絡して回線を止めてロックしてもらうことも可能です。

    4.不用意に書き込んでいませんか?

     スマホがあれば、いつでもツイッターやブログ、SNSなどにつながります。友だちだけでなく実際には会ったことのない人とも、楽しく情報交換をすることができるでしょう。しかし、なかには悪意を持って接してくる人もいます。不用意な書き込みをしたために、誹謗中傷されたり、脅迫を受けたりするような事件も起こっています。
     
     ですから、名前、学校名、住所、メールアドレス、自画写真などの個人情報を書き込まないように注意してください。また、友達しか見ないと思っても、その他の人に知られたら困るようなことは書き込んではいけません。一度ネットに流出した個人情報は、取り返せませんし、半永久的にネット上に残ってしまいます。また、バラバラに載せてある情報であっても、情報の断片をかき集めて個人を特定することも可能ですので、友人関係、自分の行動の公開などにも注意が必要です。(詳しくは、ケータイ・インターネットの歩き方5「情報発信の仕方編」をご覧下さい。)

    5.「使いすぎ」じゃないですか?

     ケータイ依存やネット依存という言葉を聞いたことはありませんか。ケータイやパソコンが手元にないとひどく不安になったり、四六時中、インターネットやゲームなどに没頭しすぎて自分では歯止めがきかなくなったりする状態をいいます。寝ないでネットゲームをしたために学校を休んだり、ネット以外での対面のコミュニケーションがとれなくなったりして、日常生活に支障をきたす例も見られます。また、ゲームのクエスト達成やアイテム収集のために有料サービスを利用しすぎて、お小遣いどころか家族でも払えないような請求が来てしまうケースも発生しています。
     スマホは、ケータイとパソコンの両方の機能を備えているため、あなたが上手に活用すれば、生活や学習に役立てることができます。しかし、スマホを優先しすぎるあまり、あなたがスマホに支配されてしまっているような状況に陥ってはいけません。そうならないように、次のことを心がけましょう。
     
    ・家族、友だち、先生などとの、リアルなコミュニケーションを大切にする
    ・食事、宿題、登下校など、自分のやるべきことを優先し、スマホはその次に
    ・使っていないときは手から離す(例:食事中・入浴中は部屋に置いておく)
    ・使わない時間帯を設ける(例:勉強中・就寝中は電源を切る)

    6.不安を感じたら、信頼できる身近な大人や相談窓口に

     なぜ、これほどまでにスマホは人気がでてきたのでしょう。
     
     はじめに述べたように、通話やメールだけでなく、ホームページ閲覧、動画・音楽・電子書籍、SNS、バラエティーに富んだアプリなど、実用性に加え様々な楽しみ方ができることに魅力を感じている人が多いからではないでしょうか。
     
     様々な楽しみ方ができるというメリットがあれば、それに伴う危険(リスク)もあるのです。スマホはとても便利なものですが、メリットも危険(リスク)も、どちらもケータイ以上なのだということを忘れずに、十分に気をつけて使うことが大切です。
     
     しかし、どんなに気をつけていたとしても、被害に合ってしまうこともあるかも知れません。もし、少しでも不安を感じたら、「しかられる!」「面倒くさい!」などと考えず、すぐに保護者や先生など、信頼できる身近な大人に相談することが一番の安全策です。専門の窓口もありますから、大人と相談しながら状況に応じて利用してください。

    一般社団法人モバイルコンテンツ審査・運用監視機構

    Copyright (c)2013 Content Evaluation and Monitoring Association All rights reserved.