マンガ★ゲット 作家利用規約

マンガ★ゲット 作家利用規約

マンガ★ゲット作家サイト(以下、「本サイト」といいます。)を運営するコミックスマート株式会社(以下、「コミスマ」といいます。)は、本サイト利用規約(以下、「本規約」といいます。)を、以下のとおり定めます。

第1条(本サイトの概要)

1.本サイトは、コミスマが第2条で規定する作家登録(以下、「作家登録」といいます。)を完了した作家(以下、「作家」といいます。)に対して、作家の制作した作品を「マンガ★ゲット」の携帯電話、スマートフォン、パソコン又はタブレット型コンピュータ等の電子デバイス(以下、「デバイス」といいます。)向けサイト(以下、「ユーザサイト」といいます。)を閲覧するユーザ(以下、「ユーザ」といいます。)に公開するサービス、ユーザおよび作家間のコミュニケーションを実現するコミュニティーサービス、及びその他コミスマによるサービス(以下、各サービスを総称して、「本サービス」といいます。)を提供するサイトです。

2.作家は、本サービスを用いて作品の公開を行うためには、第4条に規定する作品登録(以下、「作品登録」といいます。)を行う必要があります。

3.コミスマは、作家に対し、作品登録された作品を配信するためのインターネットサーバー上のエリア(作品配信用エリア)、作品をデバイスによる閲覧に適した形式のデータに変換するマンガコンパイラ、及びユーザおよび作家間のコミュニケーションを実現するコミュニティーサービスシステムを提供します。

4.コミスマは、作家に対し、コミスマが別途定める基準に従って当該作家が獲得したポイント数に応じて、本サイト及びユーザサイトにおいてコミスマが得た広告等の収入の一部を分配することがあります。分配額については、支払時期は発生月の翌々月末とし、報告時期は発生月の翌々月の第一営業日とします。ただし、本項に基づく広告等の収入の分配はあくまでもコミスマの任意によるものであり、作家は、本サイ ト及びユーザサイトにおける広告等の収入に関し、コミスマに対して何らの権利も有するものではありません。

第2条(作家登録)

1.コミスマの求める情報を登録(作家登録)することにより、本サイトの作家として、本サービスの利用が可能となります。

2.作家登録時には偽りのない真実の情報を登録しなければなりません。作家は、作家登録の内容を、常に正確な事実に合致した内容に保つようにしなければなりません。登録内容に変更が発生した場合には、作家は、コミスマの定める変更手段を用いて、登録情報を変更しなければなりません。

3.登録後に「作家資格」を満たさなくなった場合には、コミスマに通知の上、本サービスの利用を中止しなければなりません。

第3条(退会)

作家は、作家登録後、コミスマが別途定める手続を経ることにより、作家登録を取り消すことができるものとします。この場合には、コミスマの手続が完了した時点で、作家としての資格を失い、コミスマは、それ以降、当該作家に対する本サービスの提供を停止するものとします。

第4条(作品登録)

1.本サービスを用いて作品の公開を行うためには、作品登録を行う必要があります。

2.作品登録時には作家はコミスマの求める情報を、偽りなく正しく登録しなければなりません。

3.作家は、登録する作品について、コミスマが別に提示する「掲載基準」を満たす必要があります。作家が「掲載基準」を満たさない作品を登録することを禁じます。

4.作家は、登録する作品について、事前に十分な内容の確認を行い「掲載基準」を満たすこと、社会的な常識や規範に反していないことを、確認しなければなりません。また、作家は、作品登録後に作品に問題を認識した場合には、速やかにコミスマに通知しなければなりません。

5.コミスマは、公開の前後を問わず、作品の審査を行うことがあります。コミスマは、審査の結果、次に掲げる理由にて、作品等の情報の違法性・規約違反の有無に関わらず、作品が公開に適さないと判断する場合には、作品の公開を行わない、又は公開された作品および関連する作品等の公開範囲の変更、公開停止もしくは削除等をすることがあります。

・当社の掲載基準を満たしていない作品および情報が投稿された場合。
・公的な機関又は専門家(国、地方公共団体、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律のガイドラインに規定された信頼性確認団体、インターネット・ホットライン、弁護士等を言います。)から、作品等の情報について、違法、公序良俗違反又は他人の権利を侵害する等の指摘・意見表明があった場合。
・作品について、権利者から権利主張があった場合。
・作品が第三者の著作権を侵害すると当社が判断した場合。

6.前項の作品の審査に際し、コミスマから作家へ問合せを行う場合があります。作家は、この問合せに対して迅速に誠意ある回答を行わなければなりません。

7.コミスマは、作品を公開するか否かの判断及び公開された作品の公開停止や削除に関するすべての権利を有します。コミスマは、作品が公開に適さないと判断する場合には、作家への通知及び理由の開示をすることなく、作品の公開を行わず、又は公開された作品の公開停止若しくは削除をする権利を有するものとします。

第5条(作家の責任・義務)

1.作家は、登録したニックネームを第三者に使用させることはできません。また、パスワードその他の登録情報を他者へ公開することを禁じます。

2.登録情報の管理は、作家が自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために作家が被った一切の不利益や損害、並びに前項の規定に違反したことによって作家が被った一切の不利益や損害に関して、コミスマは責任を負わないものとします。

3.コミスマは、登録されたニックネーム又はパスワードによって本サービスの利用があった場合、作家登録を行った本人が利用したものとして扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、作家登録を行った本人に帰属するものとします。

4.作家は、ニックネーム又はパスワードの不正使用によって、コミスマ又は第三者に損害を生じさせた場合、コミスマ又は第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

5.作家は、登録情報を第三者に知られた場合、又は自己のニックネームが第三者に使用されている疑いのある場合には、直ちにコミスマにその旨を届け出るとともに、コミスマの指示がある場合にはこれに従うものとします。

6.作家が前項の届出をしなかったことによって本サービスを利用できない等の不利益を被った場合、コミスマは、いかなる責任も負わないものとします。

7.作家または作品に関連して作家が登録もしくは配信する画像および文章等の情報は、コミスマが別に掲示する「作家・作品関連情報の掲載基準」を満たす必要があります。作家が「作家・作品関連情報の掲載基準」を満たさない情報を登録または配信することを禁じます。

8.作品の作成費用やデータの転送、各種のテストに要する費用は、作家の負担とします。

9.作品の作成に必要な技術の習得は、作家自らの努力によるものとします。コミスマは、作品の制作に関する技術的サポートを行う義務を負いません。

10.第7条1項に該当する行為を故意に繰り返すなど、作家の悪質な意図をもってなされた行為により、コミスマに損害が発生した場合、作家は、コミスマの損害について賠償する義務があるものとします。

第6条(登録作品等に関する権利)

1.作家は、著作権等の必要な知的財産権を自ら有するか、又は必要な権利者の許諾を得た作品に限って、本サービスを通じ、投稿または編集することができるものとします。

2.本サービスを用いて登録、公開された作品又は当該作品のキャッチコピー若しくは紹介文又はその他の著作物の著作権その他の権利は、作家又は当該 作品に係る正当な権利者に帰属し、コミスマは、特に定める場合を除き、一切権利を保有しません。ただし、コミスマが作成したものは、コミスマが権利を保有するものとします。

3.本条2項の規定にかかわらず、コミスマは、登録された作品がユーザサイトにおいて公開されるに当たり、当該作品に関する情報(作品の表紙画像、 一覧表示用のアイコン画像、紹介用にキャプチャーされた作品のコマ画像等、作品登録時に取得した情報を含む。)を編集することがあります。ただし、本項に基づいて認められる編集は、文章の本来の趣旨を変更しない限度での編集(例えば、用字用語の統一、要約、語尾の表記の補正等)又は紹介用マンガ画像等の画 像ファイルのリサイズ・減色・ファイル形式の変換の加工等の、ユーザサイトにおいて作品を公開するために必要かつ合理的な範囲の編集に限られます。作家は、このような編集につき、作家登録を行ったことをもって、予め承諾(許諾)したものとします。なお、コミスマは、登録作品そのものの編集を行うことはありません。

4.本条2項の規定にかかわらず、コミスマは、作品登録された作品をコミスマの運営するサイト又はコミスマが提携する媒体(サイト又は雑誌新聞等)において公開することがあります。ただし、このような公開は、非独占的なものであり、コミスマの独占的配信権を主張するものではありません。作家は、このような公開につき、作家登録を行ったことをもって、予め承諾(許諾)したものとします。

5.本サービスを用いて公開された作品は、ユーザによって各国の言語に翻訳されることがあります。作家登録を行ったことをもって、作家は、このような翻訳を行ったユーザ(他のユーザが翻訳を行った場合に当該翻訳物を編集するユーザを含みます。)が翻訳物に係る著作権を放棄し、かつ、作家その他の第三者に対して著作者人格権を行使しないことを条件に、前記の翻訳及びその翻訳物を編集又は改変することを予め承諾(許諾)したものとします(なお、翻訳を行ったユーザが翻訳物に係る著作権の放棄などを行った場合でも、作家は通常その翻訳物について原作者としての一定の権利を有し、当該翻訳物を第三者が自由に使用できることにはなりません)。

6.二次創作物を含む作品を投稿する場合、作家は原則必要な権利者からの許諾を得た上で、必ずコミスマが定める手続きを行う必要があります。なお、社会的な常識及び漫画業界の慣習の範囲であり、かつ過去に該当する作品についての二次創作の慣例がある場合、必要な権利者からの明示的な許諾がない場合でも、本サービスへの登録および公開を禁止しない場合があります。ただし、コミスマは登録および公開を約束するものではありません。

7.二次利用作品を投稿する場合、作家は必要な権利者からの許諾を得た上で、当社が定める手続きを行う必要があります。

8.二次創作を含む作品、二次利用作品を投稿する場合、コミスマは、作家が必要な権利者からの許諾を得たことを確認するために要する書類等の提出を作家に求めることがあります。その場合は、作家は速やかにそれに応じる必要があります。

第7条(禁止事項)

1.作家が以下に該当する行為を行うことを禁止します。
(1) 本規約に反する行為
(2) 他の作家、ユーザ、コミスマ又はその他の第三者の権利(著作権その他の知的財産権を含みますがこれらに限られません。)を侵害する行為 又は侵害するおそれのある行為。特に、ユーザサイトにおいて公開された作品又は当該作品のキャッチコピー、紹介文若しくは翻訳物又はその他の作品を、権利者の承諾なく複製、配信、改変等する行為
(3) 他の作家、ユーザ、コミスマ又はその他の第三者の名誉、財産、信用又はプライバシーを侵害する行為又は侵害するおそれのある行為
(4) 法令に違反する行為、コミスマの事業の運営に悪影響を及ぼし、又は、コミスマの信用を毀損する行為
(5) 他の作家、ユーザ又はその他の第三者が本サイトを利用するに当たり障害となる可能性のある作品を投稿する行為または、情報を登録する行為。コミスマがスパムと判断する作品および情報を含みますが、これらに限られません。
(6) 有害なコンピュータープログラム等を送信し又は他者が受信可能な状態に置くなどの行為
(7) わいせつな内容の作品を投稿する行為
(8) その他、コミスマが相当でないと判断する行為

2.上記に該当するとコミスマが判断する行為が行われた場合には、コミスマは、コミスマの裁量によって、作家、ユーザ又はその他の第三者の承諾を得ることなく、登録作品その他の投稿された作品の編集、削除などを行うことができるものとします。

第8条(作家登録の取消)

1.以下の項目に該当するとコミスマが判断した場合、コミスマは、作家に対する予告又は通知をすることなく、作家登録を取り消すことができるものとします。
(1) 作家の登録情報につき虚偽の申告があることが認められた場合
(2) 本サービスを不正に利用した場合
(3) 本規約のいずれかに違反した場合
(4) その他、コミスマが作家登録の取消が必要であると判断した場合

2.作家登録が取り消された場合、コミスマは、当該作家への通知をすることなく、当該作家に対する本サービスの提供を停止するものとします。

第9条(個人情報)

1.コミスマは、コミスマのプライバシーポリシーに従い、所定の利用目的のために、作家の個人情報を利用します。

2.コミスマは、以下の各号の場合を除き、作家の同意なく、個人情報を第三者に開示しません。
(1) 裁判所の判決、捜索差押令状に基づく場合等、法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、作家本人の同意を得ることが困難であるとき
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって作家本人の同意を得ることが困難であるとき
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はそれらの委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、作家本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
(5) コミスマのプライバシーポリシーに規定された利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いを委託する場合で、当該委託先に個人情報を開示するとき
(6) 合併その他の事由による事業の承継に伴って、当該事業の承継先に個人情報を開示する場合
(7) その他法令により個人情報の開示が認められるとき

第10条(本サービスの中断、停止)

1.コミスマは、以下に該当する場合、作家に事前に通知することなく、本サービスの一部若しくは全部を一時中断又は停止する場合があります。
(1) コミスマのシステム定期保守又は更新を行う場合
(2) 火災、停電、天災などの不可抗力により、本サービスの提供が困難な場合
(3) その他、運用上若しくは技術上必要と判断された場合、又は、不測の事態により本サービスの提供が困難と判断された場合

2.作家は、作家登録を行ったことをもって、上記のような事態に伴って発生した一切の損害について、コミスマが賠償責任を負わないことに予め承諾(同意)したものとします。

第11条(本サービス内容の変更、中止)

コミスマが必要と判断した場合、コミスマは、作家に通知することなく本サービスをいつでも変更、停止又は中止することができるものとします。コミスマが本サービスを変更、停止又は中止した場合や、事件・事故等によりやむを得ずサービスを変更、停止又は中止せざるを得なかった場合においても、コミスマは、作家に対していかなる責任も負わないものとします。

第12条(免責等)

(1)コミスマは、作家が本サービスを利用して投稿する作品、及び作家が本サービスを通じて入手した情報等に関し、その完全性、正確性、確実性、有用性等についていかなる責任も負わないものとします。
(2)コミスマは、本サービスにおいて、登録された作品のデータを確実に保存することを保証するものではありません。登録された作品のデータのバックアップは、作家自らの責任において行うものとします。コミスマは、登録された作品のデータの紛失、破損などに関して一切責任を負いません。
(3)作家は、自らの責任に基づいて本サービスを利用するものとし、コミスマは、本サービスにおける作家の一切の事項について何らの責任を負いません。
(4)コミスマは、コミスマの管理外である他社の運営サイトにおいて作家が損害を被った場合、いかなる責任も負わないものとします。また、コミスマは、本サイトに掲載される第三者広告の記載内容について、一切関与しておりません。コミスマは当該広告の内容について何らの責任を負いません。
(5)本サービスに関して、作家間、又は作家と第三者との間で紛争が発生した場合、当事者は自己の責任で当該紛争を解決するものとします。万一、コミスマ、他の作家、あるいは作家以外の第三者が損害を被った場合、当事者はこれを賠償するものとします。
(6)作家が、他の作家や第三者の権利を侵害した場合において、第三者からのクレームや請求への対応に関連してコミスマに賠償金、その他の費用が発生したとき、紛争の当事者である当該作家は、当該賠償金その他の費用等(コミスマが支払う弁護士費用を含みます。)を負担するものとします。

第13条(事業の譲渡・貸与)

コミスマは、第三者に対し、本サイト及び本サービスに関する事業並びにそれに伴う一切の権利義務を、作家の承諾なく譲渡又は貸与できるものとしま す。この場合、本サイト上、メール又はその他コミスマが適切であると判断する手段で、当該譲渡又は貸与の事実を告知するものとします。

第14条(規約の変更)

1.コミスマは、本規約を作家に対する予告なしに改訂できるものとします。また、改訂された本規約は、作家資格を取得した時期が規約改訂の前後のいかんにかかわらず、すべての作家に対して適用されるものとします。改訂された本規約については、本サイト上、メール又はその他コミスマが適切であると 判断する手段で告知するものとします。

2.当該変更内容の通知後、作家が本サービスを利用した場合または2週間以内に登録取消の手続きをとらなかった場合は、作家が本規約の変更内容を承諾したものとみなします。

第15条(準拠法及び管轄裁判所)

コミスマが提供するサービスに関するすべての紛争は、その内容のいかんにかかわらず、日本法が適用され、東京地方(簡易)裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則
* 本サイトへの作家登録後から解約までを本規約の有効期限とします。
* 本規約は平成20月7年7日から施行します。
平成21年5月14日 改訂
平成22年7月22日 改訂
平成22年10月25日 改訂
平成24年10月4日 改訂
平成25年1月11日 改訂
平成25年5月17日 改訂

附則:作家資格

作家登録を行うためには以下の作家資格を満たす必要があります。

1.本サイトのユーザ資格を有すること。
2.本人固有のインターネットメールアドレスを持ち、コミックスマート株式会社(以下、「コミスマ」といいます)との間でインターネットメールによって直接連絡が可能なこと。ただし、携帯電話用メールアドレス又は無料のWEBメールサービス若しくはメール転送サービスによって提供されるメールアドレスについては、当社の判断で不可とする場合がある。
3.コミスマからの連絡に対して、合理的期間内に迅速な対応ができること。
4.未成年者(20歳未満)の場合は、本サービスの利用について親権者など法定代理人の同意を得ていること(利用規約への同意、各種の情報入力行為への同意を含みます)。

附則:掲載基準

作品登録を行うためには、以下の掲載基準を満たす必要があります。

1.法律に違反し、又は違反する恐れのあるものではないこと。
2.他の第三者の権利(著作権を含みますが、これに限られません。)、財産、名誉、プライバシーを侵害する恐れのあるものではないこと。
3.公序良俗に反するものではないこと。
4.特定の政治団体又は宗教団体の勧誘又は宣伝に関するものではないこと。
5.掲載基準Aに該当する作品であること。もしくは、掲載基準Bに該当する作品であること。ただし、掲載基準Bに該当する作品は、登録にあたりコミスマが定める必要な手続きがなされていること。
6.他の作家もしくは他の作家が配信する作品(以下、他の作家や作品等)を誹謗中傷するものではないこと。また、他の作家や作品等を、第三者を不愉快にさせる形で、取り上げる等するものではないこと。
7.必ずしも同一または類似の名前を禁じるものではないが、いたずらに、他の作家や作品等の名前に類似した作品名をつけたものではないこと。または、他の作家によって配信された作品あるとの誤解を招く意図をもったものではないこと。

掲載基準A

わいせつな内容の表現、過度に暴力的又は残虐な内容の表現、わいせつとまではいえず、また過度に暴力的又は残虐とまではいえない場合でも、青少年又は児童の心身の発達に有害とコミスマが判断する内容の表現を、含まないものであり、以下に定める掲載基準B、掲載基準Cに該当しない作品を「掲載基準A該当作品」とします。

掲載基準B

中学生以下の児童生徒に対する配布が望ましくないと思われる、以下の項目に当てはまる作品を「掲載基準B該当作品」とします。

・その主題が性に関係しているもの。
・裸体もしくはそれに近い映像・画像を含むもの。
・性行為の過程を表現したもの。
・性行為を容易に連想させる表現を含むもの。
・暴力性、残虐性の強いもの、それを推奨する表現を含むもの。
・反社会的行為の表現があり、年少者にそれを容認するような誤解を与えかねないもの。

掲載基準C

未成年者への配布が望ましくないと思われる、以下の項目に当てはまる表現を含む作品を「掲載基準C該当作品」とします。なお、これらの基準は、一般的な出版・放送の基準に準じたものです。テレビなどで放送できるような表現であるかを目安としてお考え下さい。

・法的に問題のあるもの(わいせつ物にあたるもの)。
・性器、性行為を直接的に表現したもの。
・性行為に至るまでの方法、過程、作業、感情を過度に表現したもの。
・性行為を示唆する文章、音、描写を使用し、過度に刺激的な印象を与えるもの。
・露骨に性行為を連想させ、過度に淫猥であるもの。
・性的遊戯を興味本意または克明執拗に表現したもの。
・異常性愛を詳細・興味本意に扱ったもの。
・近親相姦の行為そのものを扱ったもの。
・その他性的描写を興味本意に扱ったもの。
・拷問、暴力を興味本意または克明執拗に表現したもの。
・反社会的行為を推奨、賛美、あるいはおもしろおかしく表現するなど多くの人に嫌悪感を与えるもの。
・他の項目に当てはまる部分をモザイクなどのマスク処理で隠蔽したもの。

附則:作品関連情報の掲載基準

作家が登録する情報およびユーザに配信する情報については、下記のような誤解・迷惑をかけるような内容がないこと。

 1. 他人等を誹謗・中傷する内容
 2. 他人のプライバシーを侵害する内容
 3. 公序良俗に反する内容(性的表現・暴力表現など)
 4. 著作権法その他法令に抵触する内容
 5. 政治・政策的内容(特定の政党、議員、候補者等のホームページ等)
 6. 宗教及びこれに類似する内容(各宗教団体のホームページ等)

附則:掲載基準における必要な手続き

(掲載基準Bに当たる作品の場合)

・作品情報の「作品の内容について」にある「未成年が読んでも問題ありません」のチェックを外す

(二次創作を含む作品場合)

・作品情報の「この作品はオリジナル作品ですか」の質問に「二次創作を含みます」のチェックを付ける
・作品の紹介文に原作に関する情報を記入する

(二次利用の作品の場合)

・作品情報の「この作品はオリジナル作品ですか」の質問に「二次創作を含みます」のチェックを付ける
・作品の紹介文に原作に関する情報を記入する
・作品の紹介文に原著者に関する情報を記入する
・作品の紹介文に二次利用である旨を明記する
・作品の紹介文に二次利用が許諾されている旨が確認できるURLもしくはライセンス名を明記する

附則:作品のスパム投稿と判断する基準

ユーザに誤解・迷惑をかける、またはサービスに悪影響を与えるような、以下の項目に当てはまる作品は、規約第7条5項に該当するものと判断します。ただし、これに限るものではありません。

1. 複製投稿

・ほぼ同じような作品(マンガ)で、複数回投稿された場合。ただし、カラー化、描きなおし、編集などユーザに対する付加価値があると判断されるものは除きます。
・ほぼ同じような内容で作品の追加データ(話)が連続投稿された場合。同一の作品(マンガ・話)内に限るものではない。ただし、演出上の意図があると判断されるものは除きます。
・ほぼ同じようなコマが連続に使われている場合。同一の作品(マンガ・話)内に限るものではない。ただし、演出上の意図があると判断されるものは除きます。

2. 大量投稿

・連続して大量の作品(マンガまたは話)を投稿する行為。ただし、大量の作品を同時に発表することを禁止するものではなく、特に、ほぼ同一の作品や、内容がほとんどない作品などを、大量投稿する行為を禁止します。

3. 大量の情報発信

・高頻度でファン会報を配信する行為。ただし、ユーザに対する価値提供を意図したものと判断される場合は除きます。